Top>仮面ライダーゼロワン
仮面ライダーゼロワン
仮面ライダーゼロワン
【英字表記】Kamen Rider Zero-One
【種別】仮面ライダー(主役ライダー)
【性別】男性
【モチーフ】バッタ
【変身アイテム】飛電ゼロワンドライバー、プログライズキー
【武器】アタッシュカリバー
オーソライズバスターなど
【必殺技】ライジングインパクトなど
【専用ビークル】ライズホッパー
【変身者】飛電或人(演・高橋文哉)
【スーツアクター】縄田雄哉
【登場作品】『仮面ライダーゼロワン』(2019)
【初登場】第1話「オレが社長で仮面ライダー」
【先行登場】劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer(2019)

仮面ライダーゼロワンは、『仮面ライダーゼロワン』に登場する主役ライダー。

ヒューマギア事業を展開するAIテクノロジー企業の若き社長・飛電或人が、変身ベルト・飛電ゼロワンドライバーとプログライズキーを用いて変身する。人間とヒューマギアが平和的に共存する未来を夢見て、暴走したマギアや、テロ組織・滅亡迅雷.netの陰謀などに立ち向かう正義の戦士である。

バッタをモチーフとする「ライジングホッパー」を基本形態とし、各種のプログライズキーによって様々な動物の特徴を有する形態に変身する。

+目次
 

変身  

変身者  

ゼロワンに変身するのは、飛電インテリジェンスの若き社長(後に飛電製作所の社長)・飛電(ひでん)或人(あると)である。

飛電或人
飛電或人(演・高橋文哉)
 

変身アイテム  

飛電ゼロワンドライバー  

飛電(ひでん)ゼロワンドライバー
飛電ゼロワンドライバー
(閉じた状態)
飛電ゼロワンドライバー
(展開状態)
【英字表記】Hiden Zero-One Driver
【種別】変身ベルト

仮面ライダーゼロワンへの変身を司る変身ベルト。単に「ゼロワンドライバー」とも呼称される。ヒューマギアの暴走を予見した飛電インテリジェンス初代社長・飛電是之助によって開発された、新時代セキュリティーシステムの中核をなすツールであり、同社の社長となった者にのみ使用権限が与えられる。

第1話で、是之助の死去を受けて衛星ゼアの指令により生成され、イズの手で飛電或人に届けられた。当初は社長への就任を拒んでいた或人だが、ドライバーを使用しゼロワンに変身したことで社長就任に同意したものとみなされ、以降、彼の戦力として保有されることとなった。

平時はバックルのみの状態で携行されており、変身時にはバンドのヒデンリンカーが展開・伸長して使用者の腰に装着される。

プログライズキー  

プログライズキー
ライジングホッパープログライズキー
(ライジングホッパー)
【英字表記】Progrisekey
【種別】変身アイテム

本作の仮面ライダーが共通で使用するシステムデバイス。通信衛星ゼアに蓄積された各種の生物種のデータイメージである「ライダモデル」が保管されたデータ・アクティベートキーであり、仮面ライダーへの変身や必殺技の発動に用いられる。

ゼロワンは、基本形態への変身に使用するライジングホッパープログライズキーをはじめ、以下のプログライズキーを保有している。また、超バトルDVDではホッピングカンガループログライズキーも使用した。

キー名称ライダモデルアビリティ
ライジングホッパーバッタジャンプ
バイティングシャークサメファング
フライングファルコンハヤブサウィング
フレイミングタイガートラファイアー
フリージングベアーホッキョクグマブリザード
ブレイキングマンモスマンモスプレス
シャイニングホッパーバッタシャイニングジャンプ
メタルクラスタホッパーワタリバッタエブリバディジャンプ
 

変身シークエンス  

 

戦力  

並列形態  

ゼロワンは、各種のプログライズキーをゼロワンドライバーにオーソライズ(スキャン)し装填することで、キーに応じた生物の特徴を持つ派生形態にハイブリッドライズ(変身)することが可能。

各形態への変身中は、ゼロワンドライバーに装填したプログライズキーを押し込むことで、各形態の固有必殺技である「○○インパクト」を発動する。また、アタッシュカリバーに任意のプログライズキーを装填することで、アタッシュカリバーを用いた必殺技「○○カバンストラッシュ」「○○カバンダイナミック」を発動することも可能。

各部詳細  

+頭部(全形態共通)
 
+全身(全形態共通)
 

ライジングホッパー  

仮面ライダーゼロワン
ライジングホッパー
仮面ライダーゼロワン ライジングホッパー
【英字表記】Kamen Rider Zero-One
Rising Hopper
【モチーフ】バッタ
【身長】196.5cm
【体重】87.0kg
【パンチ力】8.4t
【キック力】49.0t
【ジャンプ力】ひと跳び60.1m
【走力】100mを4.1秒
【初登場】第1話「オレが社長で仮面ライダー」
【先行登場】劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer

ライジングホッパープログライズキーを使用して変身する、バッタの能力を持つ基本形態。脚部の跳躍装置「ライジングジャンパー」によって脚力が引き上げられており、バッタの如く優れた跳躍力を発揮する。

変身時のアナウンスは「飛び上がライズ! ライジングホッパー! A jump to the sky turns to a riderkick.」*1

+各部詳細(頭部)
 
+各部詳細(全身)

武器

アタッシュカリバー
アタッシュカリバー・アタッシュモード

アタッシュカリバー・ブレードモード

ゼロワンの基本装備。本作のライダーが用いるアタッシュウェポンの一種であり、カバン型のアタッシュモードから剣形態のブレードモードに変形する。変身と同時に出現し、ライジングホッパーをはじめとする各並列形態で使用される。
ブレードモードのスロットに任意のプログライズキーを装填してトリガーを引くことで、キーの種類に応じた必殺技「○○カバンストラッシュ」を発動する。また、キーの装填後に一旦アタッシュモードに戻し、再度ブレードモードに変形させてトリガーを引くことで、フルチャージが行われ、さらに強力な必殺技である「○○カバンダイナミック」を発動することも可能。

必殺技

ライジングインパクト
ライジングホッパーの固有必殺技。バッタの能力を付加させて変形させた両脚で、敵に連続蹴りを叩き込んで上空に打ち上げ、跳躍して急降下の勢いで右足のキックを叩き込む。
ベローサマギア(第1話)を撃破した。

ライジングインパクト

ライジングインパクト
ライジングカバンストラッシュ
アタッシュカリバーにライジングホッパープログライズキーを装填して発動する必殺技。切断力を上げたブレードモードで敵を一刀両断する。衝撃波を飛ばして離れた敵に斬撃を加えるバージョンもある。
エカルマギア(第2話)を撃破した。

ライジングカバンストラッシュ
バイティングカバンストラッシュ
アタッシュカリバーにバイティングシャークプログライズキーを装填して発動する必殺技。ブレードモードからエネルギーの刃を何重にも発生させ、両側から敵を切断する。

バイティングカバンストラッシュ
メタルライジングカバンダイナミック
アタッシュカリバーにメタルクラスタホッパープログライズキーを装填し、フルチャージを行って発動する必殺技。クラスターセルで生成した刀身を操り、広範囲の斬撃で周囲の敵を一掃する。
第30話のサウザー戦で用いられた。目まぐるしい攻防の中で素早く繰り出したためか、技名のキャプション演出は行われていない。

メタルライジングカバンダイナミック
ロッキングカバンストラッシュ
『令和 ザ・ファースト・ジェネレーション』で使用。仮面ライダー1型のロッキングホッパーゼツメライズキーをアタッシュカリバーに装填して発動する必殺技。刀身にエネルギーを纏わせ、跳躍の勢いで敵に突き刺す。
アナザー新1号にアタッシュカリバーを突き立てて弱点とし、勝利に貢献した。
 

バイティングシャーク  

仮面ライダーゼロワン
バイティングシャーク
仮面ライダーゼロワン バイティングシャーク
【英字表記】Kamen Rider Zero-One
Biting Shark
【モチーフ】サメ
【身長】194.2cm
【体重】98.1kg
【パンチ力】8.1t
【キック力】42.1t
【ジャンプ力】ひと跳び17.8m
【走力】100mを4.6秒
【最大航行速度】86ノット
【初登場】第3話「ソノ男、寿司職人」

バイティングシャークプログライズキーを使用して変身する、サメの能力を持つ派生形態。水中での活動能力を有する。

変身時のアナウンスは「キリキリバイ! キリキリバイ! バイティングシャーク! Fangs that can chomp through concrete.」*2

バイティングシャーク
プログライズキー
バイティングシャークプログライズキー
 
+各部詳細(頭部)
 
+各部詳細(全身)

必殺技

バイティングインパクト
バイティングシャークの固有必殺技。キックやアッパーパンチの連撃で敵を上空に打ち上げたのち、前腕部のアンリミテッドチョッパーからエネルギーの刃を何重にも発生させ、左右から挟み込むように敵を切断する。
ネオヒマギア(第3話)、オニコマギア(2体目)(第6話)を撃破した。

バイティングインパクト バイティングインパクト

バイティングインパクト
 

フライングファルコン  

仮面ライダーゼロワン
フライングファルコン
仮面ライダーゼロワン フライングファルコン
【英字表記】Kamen Rider Zero-One
Flying Falcon
【モチーフ】ハヤブサ
【身長】194.0cm
【体重】85.5kg
【パンチ力】8.6t
【キック力】27.2t
【ジャンプ力】ひと跳び17.5m
【走力】100mを4.2秒
【最大飛行速度】マッハ2
【初登場】第4話「バスガイドは見た!アンナ真実」
【先行登場】劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer

フライングファルコンプログライズキーを使用して変身する、ハヤブサの能力を持つ派生形態。背面の翼及び大腿部の安定翼による滑空能力を有し、空中戦を得意とする。

変身時のアナウンスは「Fly to the sky! フライングファルコン! Spread your wings and prepare for a force.」*3

フライングファルコン
プログライズキー
フライングファルコンプログライズキー
 
+各部詳細(頭部)
 
+各部詳細(全身)

必殺技

フライングインパクト
フライングファルコンの固有必殺技。背面に翼を展開して空中を飛翔し、敵を足固めにして回転投げを繰り出した上で、止めにキックを叩き込む。
現時点では『ジオウ』劇場版への先行客演時に使用したのみであり、技名のキャプション演出は行われていない。

フライングインパクト フライングインパクト

フライングインパクト
 

フレイミングタイガー  

仮面ライダーゼロワン
フレイミングタイガー
仮面ライダーゼロワン フレイミングタイガー
【英字表記】Kamen Rider Zero-One
Flaming Tiger
【モチーフ】トラ
【身長】194.1cm
【体重】97.2kg
【パンチ力】12.3t
【キック力】37.3t
【ジャンプ力】ひと跳び22.5m
【走力】100mを3.6秒
【初登場】第5話「カレの情熱まんが道」

フレイミングタイガープログライズキーを使用して変身する、トラの能力を持つ派生形態。パワフルさと俊敏さを併せ持ち、総合的に高い能力を有する形態であり、装甲に内蔵された火炎制御装置によって火炎攻撃を行うことも可能。

変身時のアナウンスは「Gigant flare! フレイミングタイガー! Explosive power of 100 bombs.」*4

フレイミングタイガー
プログライズキー
フレイミングタイガープログライズキー
 
+各部詳細(頭部)
 
+各部詳細(全身)

必殺技

フレイミングインパクト
フレイミングタイガーの固有必殺技。前方に出現する炎の輪をくぐり、火炎を全身に纏って突進し、赤熱したタイガークローで敵を溶断する。
ビカリアマギア(第5話)を撃破した。

フレイミングインパクト フレイミングインパクト

フレイミングインパクト
フレイミングカバンダイナミック
アタッシュカリバーにフレイミングタイガープログライズキーを装填し、フルチャージを行って発動する必殺技。刀身に激しい炎を纏わせ、敵を斬り裂く。
ドードーマギア(2体目)(第8話)を撃破した。

フレイミングカバンダイナミック

フレイミングカバンダイナミック
 

フリージングベアー  

仮面ライダーゼロワン
フリージングベアー
仮面ライダーゼロワン フリージングベアー
【英字表記】Kamen Rider Zero-One
Freezing Bear
【モチーフ】ホッキョクグマ
【身長】194.0cm
【体重】106.1kg
【パンチ力】13.1t
【キック力】31.9t
【ジャンプ力】ひと跳び13.2m
【走力】100mを4.2秒
【初登場】第7話「ワタシは熱血ヒューマギア先生!」

フリージングベアープログライズキーを使用して変身する、ホッキョクグマの能力を持つ派生形態。高い基礎身体能力を備え、掌から極低温の凍結剤を放射することが可能。さらに、肩部・胸部に備わる極低温装甲「トランスパー」は触れた物質の熱を急速に奪って凍結させる能力を有しており、これと打撃の合わせ技で対象を粉砕することもできる。

変身時のアナウンスは「Attention freeze! フリージングベアー! Fierce breath as cold as arctic winds.」*6

フリージングベアー
プログライズキー
フリージングベアープログライズキー
 
+各部詳細(頭部)
 
+各部詳細(全身)

必殺技

フリージングインパクト
フリージングベアーの固有必殺技。凍結剤を噴射して敵を凍らせ、ベアークローで粉砕する。
マンモスマギア(第7話)を撃破した。

フリージングインパクト フリージングインパクト

フリージングインパクト
 

ブレイキングマンモス  

仮面ライダーゼロワン
ブレイキングマンモス
仮面ライダーゼロワン ブレイキングマンモス
【英字表記】Kamen Rider Zero-One
Breaking Mammoth
【モチーフ】マンモス
【身長】768.0cm
【体重】6920.0kg
【パンチ力】25.2t
【キック力】38.6t
【ジャンプ力】ひと跳び10.9m
【走力】100mを6.5秒
【最大飛行速度】マッハ7
【初登場】第9話「ソノ生命、預かります」

ブレイキングマンモスプログライズキーを使用して起動する、マンモスの能力を持つ派生形態。他の並列形態と異なり、内部にゼロワンが乗り込んで操縦する一種の巨大ロボットである。起動時には衛星ゼアの後ろ半分が分離し、高速移動形態のジェットフォームに変形して地上に飛来、ゼロワンをコクピットに格納後、ブレイキングマンモス形態に変形する。

本来は大規模災害を想定した大型救助システムとして開発されていたものであるが、マンモスの牙を模した錨・グレインゴットや、左腕に装備されたプログライズキー型のシールド・マンモスプレッサーを戦闘に転用し、圧倒的な攻撃力を発揮する。

変身時のアナウンスは「Giant Waking! ブレイキングマンモス! Larger than life to crush like a machine.」*7

ブレイキングマンモス
プログライズキー
ブレイキングマンモスプログライズキー
 
+各部詳細(頭部)
 
+各部詳細(全身)
 
ブレイキングマンモス(衛星形態)ブレイキングマンモス(ジェットフォーム)
ブレイキングマンモス(衛星形態)ブレイキングマンモス(ジェットフォーム)
 
+ジェットフォーム・各部詳細
 

必殺技

ブレイキングインパクト
ブレイキングマンモスの固有必殺技。左腕のマンモスプレッサーを分離させ、上空からマンモスプレッサーごとキックを繰り出して敵を踏み潰す。

ブレイキングインパクト ブレイキングインパクト

ブレイキングインパクト
 

強化形態  

シャイニングホッパー  

仮面ライダーゼロワン
シャイニングホッパー
仮面ライダーゼロワン シャイニングホッパー
【英字表記】Kamen Rider Zero-One
Shining Hopper
【モチーフ】バッタ
【身長】192.2cm
【体重】90.2kg
【パンチ力】18.3t
【キック力】58.9t
【ジャンプ力】ひと跳び70.0m
【走力】100mを2.3秒
【初登場】第12話「アノ名探偵がやってきた」

ライジングホッパーの発展型にして、ゼロワンの強化形態。シャイニングホッパープログライズキーを使用して変身する。頭部に備わる高性能演算装置「シャイニングアリスマティック」で敵の一挙一動をラーニングして行動パターンを予測し、未来予知にも近い超高速対応を可能としている。

当初はキーのデータ不足により、ライジングホッパーの1.8倍程度の能力しか発揮できなかったが、ヒューマギア・ワズが保有していたゼロワンの戦闘データをメモリーごと抽出してキーの調整を行った結果、従来のゼロワンの性能を遥かに上回る真の力を発揮できるようになった。

変身時のアナウンスは「The rider kick increases the power by adding to brightness! シャイニングホッパー! When I shine, darkness fades.」

シャイニングホッパー
プログライズキー
シャイニングホッパープログライズキー
 
+各部詳細(頭部)
 
+各部詳細(全身)

武器

オーソライズバスター
オーソライズバスター・ガンモード

オーソライズバスター・アックスモード

衛星ゼアが独自の危機判断によって製作した新武器であり、主にシャイニングホッパー、シャイニングアサルトホッパーで用いられる。大型銃形態のガンモードと、大斧形態のアックスモードの2形態に変形が可能。
プログライズキーを装填するバスターライズスロットと、非接触式認証装置であるバスターオーソライザーの二つの認識装置を備えており、形態と認識方法に応じて以下10種類の必殺技を発動する。

ガンモード
装填なしプログライズキー装填
スキャンなしバスターダスト
プログライズキーをスキャン
(バスターオーソライズ)
プログライズダストプログライズバスターダスト
ゼロワンドライバーでスキャン
(ゼロワンオーソライズ)
ゼロワンダストゼロワンバスターダスト
アックスモード
装填なしプログライズキー装填
スキャンなしバスターボンバー
プログライズキーをスキャン
(バスターオーソライズ)
プログライズボンバープログライズバスターボンバー
ゼロワンドライバーでスキャン
(ゼロワンオーソライズ)
ゼロワンボンバーゼロワンバスターボンバー

必殺技

シャイニングインパクト
シャイニングホッパーの固有必殺技の一つ。一撃目の跳び蹴りで後退させた敵に、さらに超加速による二段攻撃の回し蹴りを叩き込む。

シャイニングインパクト シャイニングインパクト

シャイニングインパクト
シャイニングメガインパクト
シャイニングホッパーの固有必殺技の一つ。ドライバーにシャイニングホッパープログライズキーを装填した状態で、別のプログライズキーを4回オーソライズすることで発動する。超加速によるパンチやキックの連続攻撃を繰り出し、最後に止めの跳び蹴りを叩き込む。
ドードーマギア改(第13話)を撃破した。

シャイニングメガインパクト シャイニングメガインパクト

シャイニングメガインパクト
プログライズダスト
オーソライズバスター・ガンモードのバスターオーソライザーにプログライズキーをスキャン(バスターオーソライズ)して発動する必殺技。作中ではライジングホッパープログライズキーをスキャンして発動し、雷撃を纏ったエネルギー弾を放った(第14話)。

プログライズダスト
ゼロワンダスト
オーソライズバスター・ガンモードのバスターオーソライザーをゼロワンドライバーでスキャン(ゼロワンオーソライズ)して発動する必殺技。バッタ型のエネルギー弾を放つ。第15話で使用。

ゼロワンダスト ゼロワンダスト

ゼロワンダスト
バスターダスト
オーソライズバスター・ガンモードのバスターライズスロットにプログライズキーを装填して発動する必殺技。作中ではフリージングベアープログライズキーを装填して発動し、ホッキョクグマの顔を模した冷凍エネルギー弾を放った(第16話)。
ゼロワンバスターボンバー
オーソライズバスター・アックスモードのバスターライズスロットにプログライズキーを装填し、バスターオーソライザーをゼロワンドライバーでスキャン(ゼロワンオーソライズ)して発動する必殺技。作中ではバイティングシャークプログライズキーを装填して発動し、サメの牙を思わせるエネルギー波の斬撃を繰り出した(第17話)。

ゼロワンバスターボンバー ゼロワンバスターボンバー

ゼロワンバスターボンバー
 

シャイニングアサルトホッパー  

仮面ライダーゼロワン
シャイニングアサルトホッパー
仮面ライダーゼロワン シャイニングアサルトホッパー
【英字表記】Kamen Rider Zero-One
Shining Assault Hopper
【モチーフ】バッタ
【身長】197.1cm
【体重】103.7kg
【パンチ力】27.1t
【キック力】67.7t
【ジャンプ力】ひと跳び78.8m
【走力】100mを2.9秒
【初登場】第15話「ソレゾレの終わり」

シャイニングホッパーのさらなる強化派生形態。シャイニングホッパープログライズキーにアサルトグリップを取り付けた、シャイニングアサルトホッパープログライズキーを使用して変身する。シャイニングホッパーを上回る高度の演算処理能力と、「シャインシステム」と呼ばれる戦闘補助機能を備えており、攻防一体の結晶型エネルギー波動弾「シャインクリスタ」を自在に操ることが可能。

変身時のアナウンスは「Warning warning. This is a not test. ハイブリッドライズ! シャイニングアサルトホッパー! No chance of surviving this shot.」

アサルトグリップシャイニングアサルトホッパー
プログライズキー
アサルトグリップシャイニングアサルトホッパープログライズキー
 
+各部詳細(頭部)
 
+各部詳細(全身)

必殺技

シャイニングストームインパクト
シャイニングアサルトホッパーの固有必殺技。シャイニングアサルトホッパープログライズキーのアサルトチャージャーを押し込んで発動する。青い稲妻状のエネルギーを纏い、高空からの跳び蹴りを叩き込む。
スプラッシングホエールレイダー(第話)を撃破した。

シャイニングストームインパクト シャイニングストームインパクト

シャイニングストームインパクト
バスターボンバー
オーソライズバスター・アックスモードのバスターライズスロットにプログライズキーを装填して発動する必殺技。作中ではライジングホッパープログライズキーを装填して発動し、バッタのライダモデル型のエネルギーを纏った回転斬りを繰り出した(第16話)。

バスターボンバー
ゼロワンダスト
オーソライズバスター・ガンモードのゼロワンオーソライズにより発動する必殺技。シャイニングホッパーと同様、バッタ型のエネルギー弾を放つ。第22話で使用。
 

メタルクラスタホッパー  

仮面ライダーゼロワン
メタルクラスタホッパー
仮面ライダーゼロワン メタルクラスタホッパー
【英字表記】Kamen Rider Zero-One
MetalCluster Hopper
【モチーフ】ワタリバッタ
【身長】196.5cm
【体重】110.7kg
【パンチ力】44.8t
【キック力】93.0t
【ジャンプ力】ひと跳び102.9m
【走力】100mを1.2秒
【初登場】第22話「ソレでもカレはやってない」

メタルクラスタホッパープログライズキーを使用して変身する強化形態。飛電インテリジェンスが構想していた新素材「飛電メタル」を装甲の主材とし、シャイニングアサルトホッパーをも凌駕する身体スペックと、無数のバッタ型構造物「クラスターセル」を自在に操る能力を持つ。第22話では、クラスターセルによる攻撃のみでダイナマイティングライオンレイダーを撃破している。

当初はメタルクラスタホッパープログライズキーの強制介入プログラム「プリズメントチェイン」によって衛星アークと強制接続され、人間への悪意に満ちたアークの内部領域に或人の意識を隔離して暴走してしまっていたが、ヒューマギアの善意のデータが入ったヒューマギアキーとプログライズホッパーブレードの機能によって接続先を衛星ゼアに変更したことにより、制御が可能となった。

変身時のアナウンスは「メタルライズ! Secret metarial 飛電メタル! メタルクラスタホッパー! It's high Quality.」

メタルクラスタホッパー
プログライズキー
メタルクラスタホッパープログライズキー
 
+各部詳細(飛電メタル及びクラスターセル)
 
+各部詳細(頭部)
 
+各部詳細(全身)
 

武器

プログライズホッパーブレード
プログライズホッパーブレード

ヒューマギアと飛電メタルのデータをもとに、イズが構築を進めた新装備の大剣。ヒューマギアの善意のデータでアークの悪意のデータを相殺することにより、大量のクラスターセルをブレードに吸収し、ゼロワン自身の意思でコントロールすることが可能。また、ヒューマギアのバックアップデータをも内蔵しているため、マギア化したヒューマギアを破壊することなく復元する機能も有する。

プログライズホッパーブレード・ナギナタモード

アタッシュカリバー・ブレードモードと合体(ドッキングライズ)させることで、ナギナタモードとしても使用できる。

必殺技

メタルライジングインパクト
メタルクラスタホッパーの固有必殺技。クラスターセルで生み出した分身体とともに跳び蹴りを繰り出す。分身体を再分解してドリル状に再構成し、それを本体が足に纏わせてキックを繰り出すことも可能。
アークマギア(ガエルタイプ)(第23話)を撃破した。
バスターボンバー
シャイニングアサルトホッパーと同様、オーソライズバスター・アックスモードにプログライズキーを装填して発動する必殺技。作中ではブレイキングマンモスプログライズキーを装填して発動し、巨大なマンモスの脚状のエネルギー波による踏みつけ攻撃に続いて、マンモスの牙状のエネルギー波による攻撃を繰り出した(第24話)。
プログライジングストラッシュ
プログライズホッパーブレードのトリガーを五回引くことで発動する必殺技。刀身に纏わせたクラスターセルの刃を飛ばし、敵を斬り裂く。
スカウティングパンダレイダー(第27話)を撃破した。
ファイナルストラッシュ
プログライズホッパーブレードをメタルライザーにスキャンして発動する必殺技。棘状のクラスターセルを無数に飛ばして攻撃する。
ギガントストラッシュ
プログライズホッパーブレード・ナギナタモードのトリガーを引いて発動する必殺技。作中未使用。
アルティメットストラッシュ
プログライズホッパーブレード・ナギナタモードをメタルライザーにスキャンして発動する必殺技。刀身に纏わせたクラスターセルの刃を飛ばし、続けてエネルギーの斬撃を2連続で放ち敵を斬り裂く。
 

リアライジングホッパー  

仮面ライダーゼロワン
リアライジングホッパー
仮面ライダーゼロワン リアライジングホッパー
【英字表記】Kamen Rider Zero-One
Realizing Hopper
【モチーフ】バッタ
【身長】196.5cm
【体重】87.0kg
【パンチ力】59.1t
【キック力】114.7t
【ジャンプ力】ひと跳び165.7m
【走力】100mを0.5秒
【初登場】最終話「ソレゾレの未来図」

ライジングホッパープログライズキー ゼロワンリアライズver.を使用して変身する、ライジングホッパーの強化型。

変身時のアナウンスは「イニシャライズ! リアライジングホッパー! A riderkick to the sky turns to take off toward a dream.」

ライジングホッパー
プログライズキー
ゼロワンリアライズver.
ライジングホッパープログライズキー ゼロワンリアライズver.

必殺技

リアライジングインパクト
 

ヘルライジングホッパー  

仮面ライダーゼロワン
ヘルライジングホッパー
仮面ライダーゼロワン ヘルライジングホッパー
【英字表記】Kamen Rider Zero-One
Realizing Hopper
【モチーフ】バッタ
【身長】197.1cm
【体重】106.9kg
【パンチ力】60.7t
【キック力】116.3t
【ジャンプ力】ひと跳び176.61m
【走力】100mを0.4秒
【初登場】劇場版 仮面ライダーゼロワン REAL×TIME

ヘルライズプログライズキーを使用して変身する、ゼロワンの新たな形態。

変身時のアナウンスは「ヘルライズ! オーソライズ! プログライズ!Hells energy as destroy the world HELL RISING HOPPER!HEAVEN or HELL it doesn't matter.」

ヘルライズ
プログライズキー
ヘルライズプログライズキー

必殺技

ヘルライジングインパクト
 

仮面ライダーゼロツー  

仮面ライダーゼロツー
仮面ライダーゼロツー
【英字表記】Kamen Rider Zero-Two
【モチーフ】バッタ
【身長】200.0cm
【体重】102.1kg
【パンチ力】62.0t
【キック力】120.0t
【ジャンプ力】ひと跳び200.0m
【走力】100mを0.2秒
【初登場】第40話「オレとワタシの夢に向かって」

飛電ゼロツードライバーを用いて変身する、ゼロワンの更なる強化形態。

変身アイテム

飛電ゼロツードライバー
飛電ゼロツードライバー

新たな変身ベルト。ゼロツープログライズキーを装填することで、仮面ライダーゼロツーに変身する。
ゼロツープログライズキー
ゼロツープログライズキー

必殺技

ゼロツービッグバン
 

仮面ライダーアークワン  

仮面ライダーアークワン
仮面ライダーアークワン
【英字表記】Kamen Rider Ark-One
【モチーフ】バッタ
【身長】199.9cm
【体重】100.1kg
【パンチ力】54.2t
【キック力】104.4t
【ジャンプ力】ひと跳び93.6m
【走力】100mを0.6秒
【初登場】第42話「ソコに悪意がある限り」

アークドライバー ワンを用いて変身する形態。

変身アイテム

アークドライバー ワン
飛電ゼロツードライバー

アークワンへの変身に使用する変身ベルト。アークワンプログライズキーを装填することで、仮面ライダーアークワンに変身する。
アークワンプログライズキー
アークワンプログライズキー

必殺技

パーフェクトコンクルージョン
 

番外編限定の登場形態  

ホッピングカンガルー  

仮面ライダーゼロワン
ホッピングカンガルー
仮面ライダーゼロワン ホッピングカンガルー
【英字表記】Kamen Rider Zero-One
Hopping Kangaroo
【モチーフ】カンガルー
【初登場】てれびくん超バトルDVD 仮面ライダーゼロワン

超バトルDVDにのみ登場。ホッピングカンガループログライズキーを使用して変身する、カンガルーの能力を持つ派生形態。両腕にボクシンググローブを備えている。腹部に装備された「キズナポケット」は、ヒューマギアの力を自分の力に変換する能力を持っており、さながら『ドラえもん』の四次元ポケットの如く味方のヒューマギアをこのポケットから出現させ*8、その職業特性を付加させた特殊攻撃を繰り出すことが可能。

変身時のアナウンスは「The fourth dimension of space! ホッピングカンガルー! In its pouch contains infinite possibilities」

作中で呼び出したヒューマギアは以下の3体。

ヒューマギア付加能力
寿司職人ヒューマギア 一貫ニギロー貝の下ごしらえの要領で、木のハンマーで敵を殴打する。
警備員ヒューマギア マモル懐中電灯で暗闇を照らす。不審者を確保する。
和風舞踏ヒューマギア 祭田ゼット和風舞踏によるカウンター攻撃を繰り出す。
 
ホッピングカンガルー
プログライズキー
ホッピングカンガループログライズキー
 

必殺技

ホッピングインパクト
ホッピングカンガルーの固有必殺技。カンガルーを思わせるパンチとキックで敵を空中に打ち上げ、目にも留まらぬ連続パンチを叩き込む。
 

その他の変身形態  

仮面ライダー001  

仮面ライダー001
仮面ライダー001
【英字表記】Kamen Rider Zerozero-One
【変身者】飛電或人(演・高橋文哉)
【スーツアクター】縄田雄哉
【登場作品】『仮面ライダーゼロワン』(2019)
【初登場】仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション

仮面ライダー001(ゼロゼロワン)は、『仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション』にのみ登場する、仮面ライダーゼロワンの別変身形態。飛電ゼロワンドライバーを奪われゼロワンに変身できなくなった飛電或人が、代わりに変身ベルト・滅亡迅雷フォースライザーを用いて変身する。

 

仮面ライダー001 ライジングホッパー  

仮面ライダー001(ゼロゼロワン)
ライジングホッパー
仮面ライダー001 ライジングホッパー
【英字表記】Kamen Rider Zerozero-One
Rising Hopper
【モチーフ】バッタ
【初登場】仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション

滅亡迅雷フォースライザーライジングホッパープログライズキーを使用して変身した姿。ヒューマギア用の変身ベルトであるフォースライザーで変身しているため、変身時には激痛が伴い、戦闘中の負担も通常のゼロワンに比べて大きい。

当初はイズから渡されたアタッシュカリバーを使用したが、これをアナザーゼロワンに奪われた後は徒手空拳で戦った。映画終盤では「父」の飛電其雄が変身する仮面ライダー1型と互いの信念を懸けて激突し、互角の戦いを繰り広げた。

 
滅亡迅雷(めつぼうじんらい)フォースライザー
滅亡迅雷フォースライザー
オーソライズされていないプログライズキーを強制的に展開し、使用者をフォースライズ(変身)させる変身ベルト。詳細は仮面ライダー迅#滅亡迅雷フォースライザーを参照。
 

必殺技

ライジングディストピア
ゼロゼロワン・ライジングホッパーの固有必殺技の一つ。フォースライザーのレバーを1回引くことで発動する。仮面ライダー1型のロッキングスパークと同様、作中では攻撃技ではなく高速移動能力の発動として用いられ、スピード対決を繰り広げた。
ライジングユートピア
ゼロゼロワン・ライジングホッパーの固有必殺技の一つ。フォースライザーのレバーを2回引くことで発動する。右足にエネルギーを纏わせ、強力な跳び蹴りを放つ。仮面ライダー1型のロッキングジ・エンドと激突し、これを打ち破った。
滅亡迅雷フォースライザーで変身する他のライダーと異なり、必殺技発動時の漢字のカットイン演出は行われていない。

ライジングユートピア

ライジングユートピア
 

専用ビークル  

ライズホッパー  

ライズホッパー
ライズホッパー
【英字表記】Rise Hopper
【全長】2.53m
【乾燥重量】148.6kg
【馬力】145.2ps (106.8kw)
【最高速度】291km/h
【ベース車両】ホンダ・CRF450L
【初登場】第2話「AIなアイツは敵?味方?」

ゼロワンの専用バイク。平時は巨大なライズフォン型に折りたたまれた状態で衛星ゼアに格納されており、飛電ライズフォンのバイクアプリを起動することで地上に射出される。

 

備考  

登場エピソード  

関連項目  

+『仮面ライダーゼロワン』
 
+歴代仮面ライダー

画像出典


*1 意訳すると「空への跳躍はライダーキックに変わる」。
*2 意訳すると「コンクリートをも噛み砕く牙」。
*3 意訳すると「翼を広げ力に備えよ」。
*4 意訳すると「爆弾100発分の爆発力」。
*5 ゼロワンの各形態の顔面装甲は基本的に「○○マスク」という名称だが、フレイミングタイガーと、その直後に登場したフリージングベアーのみ「○○フェイス」という名称である。有名なプロレス漫画『タイガーマスク』との被りを避けたと考えられる。
*6 意訳すると「荒ぶる息吹は極地の寒波」。
*7 意訳すると「機械の如く粉砕する巨体」。「larger-than-life」は「堂々とした」「力強い」といった意味の定型句。
*8 呼び出されたヒューマギアは或人との面識を前提とした台詞を発しているが、事件解決後にはデータ化のような形で消滅しているため、本体そのものではなく一種のコピー体であるとも解釈できる。

当サイトでは、アメリカ合衆国著作権法に定められたフェアユース(公正利用)の規定に基づき、Fandom等のWEBサイトに合法的にアップロードされた画像をインラインリンクで表示しています。各画像の権利は著作権者に帰属します。

Last-modified: 2021-06-13 (日) 01:38:12