庵野秀明・樋口真嗣タッグで『シン・ウルトラマン』制作決定!

庵野秀明『シン・ウルトラマン』遂に始動!

庵野秀明『シン・ウルトラマン』遂に始動!

2019年8月1日、かねてから庵野秀明氏の次回作として噂が立っていた映画『シン・ウルトラマン』の制作が公式に発表されました。
円谷プロダクション・東宝・カラーの3社共同制作となり、2021年に公開予定とのこと。企画・脚本に庵野秀明氏、監督に樋口真嗣氏を迎え、2016年の『シン・ゴジラ』に次ぐヒットが見込まれる大作となる模様です。

1966年に誕生した特撮テレビドラマ『ウルトラマン』を現代社会に登場させる映画『シン・ウルトラマン』が2021年に公開されることが決定した。企画・脚本を庵野秀明氏、監督を樋口真嗣氏が務め、『シン・ゴジラ』(2016)を大ヒットに導いた盟友タッグが再び手を組んだ。
庵野秀明氏と樋口真嗣氏の最強タッグ

庵野秀明氏と樋口真嗣氏の最強タッグ

今回の公式発表の少し前から、「庵野氏の次回作はシン・ウルトラマンか」という言説がネットニュース等で散見されていました。
制作側が意図的に情報を小出しにして注目を集めていたのでしょうか。

庵野氏のスタジオ・カラーの公式サイトでは、脚本検討稿はすでに今年2月5日に脱稿していることも報告。庵野氏は、『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の完成後、樋口組に本格的に合流する予定としている。
キャストに斎藤工、長澤まさみ起用

キャストに斎藤工、長澤まさみ起用

制作発表と同時にメインキャストの情報も公開され、ウルトラマンに変身する主人公役に斎藤工、ヒロインに長澤まさみが起用されることが明らかになりました。
斎藤工は『シン・ゴジラ』にも自衛官の役で出演しており、今回のキャスティングに注目が集まっています。

さらにメインキャストも決定。主人公の“ウルトラマンになる男”に斎藤工、主人公の相棒役に長澤まさみが決定したほか、西島秀俊の出演が明らかにされた。斎藤は「『ウルトラマン』への特別な想いを持たれていらっしゃる庵野さん、樋口監督と共に、若輩者ながら私の37年間を本作に注ぎたいと思います」と意気込みを寄せ、長澤は「誰もが憧れる庵野さんの作品に出演出来る事をとても光栄に思います」とコメント。西島は「脚本を読ませていただきましたが、ファンの方もそうでない方もきっと楽しめる一級のエンターテイメント作品になると確信しています」と太鼓判を押している。
物語の詳細に触れるため、それぞれの役柄はトップシークレットだが、3人のキャストはいずれも“巨大生物に対抗する組織”のメンバー。斎藤は主人公である“ウルトラマンになる男”を演じ、「一度だけ生前の実相寺昭雄監督にお会いする機会があり、前のめりに当時の円谷プロや『ウルトラマン』の様々な話を伺えたことは全て“ココ”に繋がっていたのでは」と感激。ウルトラシリーズの名演出家との邂逅(かいこう)も交えて武者震いした。

「庵野のウルトラ愛炸裂」「シン・ゴジラ続編か」など多くの反響

庵野氏が遂に本物のウルトラマンを手掛ける

庵野氏が遂に本物のウルトラマンを手掛ける

庵野秀明氏といえば、大のウルトラマン・マニアで知られており、代表作『エヴァンゲリオン』にもウルトラマンへのオマージュが多々見られることで有名。
若かりし頃には、DAICON FILM名義の自主制作映画『帰ってきたウルトラマン』の制作にメインで携わり、自らウルトラマン役を演じていたことも語り草です。

『帰ってきたウルトラマン マットアロー1号発進命令』(かえってきたウルトラマン マットアロー1ごうはっしんめいれい)は、1983年(昭和58年)に製作された8ミリフィルムによる特撮自主制作映画作品である。

DAICON FILM製作作品。上映時間は約28分。1983年に開催された日本SF大会「DAICON4」のプロモーション活動の一環として製作された。

総監督・主演(ウルトラマン役)は庵野秀明。特技監督は赤井孝美。なお、庵野秀明は、本作品の完成直前に監督を解任され、最終的に特技監督の赤井孝美が監督を引き継いで本作を完成させた。また、岡田斗司夫が脚本を担当し、武田康廣と澤村武伺がプロデューサーを務めた。
庵野秀明氏演じるウルトラマン

庵野秀明氏演じるウルトラマン

DAICON版ウルトラマンのパッケージ裏

DAICON版ウルトラマンのパッケージ裏

2001年、DAICON FILMを前身とするガイナックスが、円谷プロの許諾を得て『帰ってきたウルトラマン マットアロー1号発進命令』をDVD化し発売した際のパッケージ裏。

9 :名無しさん@恐縮です:2019/08/01(木) 05:08:22.25
学生時代に最初に作った自主映画が本人主演のウルトラマンなんだっけ
本来やりたいのはアニメじゃなく特撮なんだよな

131 :名無しさん@恐縮です:2019/08/01(木) 05:40:38.26
>>9
庵野は特撮好きだけど好き過ぎて限界もわかってるから
作りたいのはアニメ

今のオタクってアニメオタクと特撮オタクそれぞれ分かれてるけど
昭和のオタクはアニメ特撮隔てなく好き

63 :名無しさん@恐縮です:2019/08/01(木) 05:27:11.71
夕日に立つウルトラマンとワンダバ使ってくれたらそれで満足

160 :名無しさん@恐縮です:2019/08/01(木) 05:45:59.75
何だよ、もう夢が叶ってしまうのか。
これが終わったら庵野は燃え尽きるんじゃないの?
たぶん自分のウルトラマンを撮ることが究極の夢だったろうから。

256 :名無しさん@恐縮です:2019/08/01(木) 06:05:44.64
庵野がやりたいのは本当はこれなんだろ。
ただウルトラマンという題材なので子供が見ても楽しめる内容にならんと駄目だとは思うな。
271 :名無しさん@恐縮です:2019/08/01(木) 06:08:56.72
円谷から「好き勝手やっていい」って言われてるかどうかだな
「あんまりヒーローイメージ壊さないようお願いします」ぐらいは言われてそうだが

468 :名無しさん@恐縮です:2019/08/01(木) 06:44:49.09
エネルギー切れで倒れたウルトラマンにどうやってエネルギーを補給して蘇生させるかと言う人間のドラマがメインで
ウルトラマンは最初と最後に少し戦うだけなんて映画になったりして

480 :名無しさん@恐縮です:2019/08/01(木) 06:46:32.44
3分間の戦闘は踏襲すると思うが戦闘バリエーションは凝りに凝りまくると思う
3分ノーカット、FPS視点、空中戦と海戦は入れると思う
あとは日本中(主にここ10年くらいの災害被災地)に怪獣が現れて4,5体くらい倒していくものになりそう
ゴジラはリアル災害シミュレーション路線だったけど、ウルトラマンは絵に描いたような荒唐無稽さを、フィクションの極みを描いてほしいな

527 :名無しさん@恐縮です:2019/08/01(木) 06:55:03.27
何の怪獣が出るかで面白さも変わってくるかな。
元祖をリスペクトでバルタンやゼットンを出すのか、
それとも全くのオリジナル怪獣を作るのかで。
「ULTRAMAN」(2004)のリベンジなるか

「ULTRAMAN」(2004)のリベンジなるか

ウルトラマンの大人向けリブート映画といえば、真っ先に思い出されるのは、ULTRA N PROJECTの一環として2004年に公開された『ULTRAMAN』。
コアなウルトラファンの心を掴む名作ではありましたが、期待に反して一般への露出はないに等しく、ウルトラシリーズの地位向上には結びつかなかったという苦い歴史があります。

庵野氏のネームバリューで一般層へのヒットも見込まれる『シン・ウルトラマン』は、N PROJECTのリベンジを果たすことができるのでしょうか。

620 :名無しさん@恐縮です:2019/08/01(木) 07:14:35.13
なんかでもこういうコンセプトでリアルなウルトラマンの映画作ったらコケて
ネクサスもコケてとかそういう歴史が無かったっけ?

627 :名無しさん@恐縮です:2019/08/01(木) 07:15:56.27
>>620
松竹の宣伝がやる気なかった

646 :名無しさん@恐縮です:2019/08/01(木) 07:20:06.74
>>620
設定じゃなくて、庵野だから観る訳でしょ
庵野が「ウルトラマンつくります」って言ったら
ヲタだけの話から、一般に話は拡がるんだよ

674 :名無しさん@恐縮です:2019/08/01(木) 07:29:05.05
>>620
映画のは大人向けで子供が食いつかなかったし
続編のネクサスも土曜日の朝7:30の放送だという
仮面ライダークウガの影響でも受けたのかも知れんが、ウルトラマンではその当時は無茶だったとしか

東宝と円谷の「電撃和解」にファン驚愕! ゴジラVSウルトラマンなるか

『シン・ウルトラマン』東宝配給の衝撃

『シン・ウルトラマン』東宝配給の衝撃

今回発表された『シン・ウルトラマン』は、円谷プロ、東宝、カラー(庵野氏の会社)の3社共同制作、東宝配給となるとのこと。

長らく関係の冷え切っていた円谷プロと東宝が再びタッグを組むとの情報に、特撮ファン達からは驚愕の声も上がっています。

シン・ゴジラの続編説を語るファンも

シン・ゴジラの続編説を語るファンも

庵野・樋口コンビが制作を担当するとのことで、『シン・ウルトラマン』は『シン・ゴジラ』の続編となるのではないかと願望を述べるファンもいます。
『ウルトラマン』原作で科学特捜隊の本拠地とされていたフランスが、『シン・ゴジラ』のラストで有利な立場となったことや、『シン・ゴジラ』で自衛官役だった斎藤工がウルトラマンの変身者役に抜擢されたことなど、確かに両作を繋ぐポイントはありそうですが……。

2015年の「ウルトラマン n/a」との関連も気になるところ

シン・ウルトラマンの描写はこの路線?

シン・ウルトラマンの描写はこの路線?

『シン・ウルトラマン』の制作に際し、ウルトラマンがどのような姿にリブートされるのかは特撮ファンの注目の的。
そこで多くの人が連想するのは、2015年に円谷プロがYouTubeで公開したイメージ動画『ウルトラマン n/a』でしょう。
この動画ではリアルタッチのウルトラマンがフルCGで描写されていましたが、『シン・ウルトラマン』もこのような路線になるのでしょうか?

「ウルトラマン n/a」動画より

「ウルトラマン n/a」動画より

『ULTRAMAN_n/a』とは、円谷プロダクションが2015年7月16日にYouTubeにて公開した謎の短編映像のタイトルである。

動画の内容は、東京・渋谷の街に突如現れた怪獣(姿は某変身怪獣に酷似している)と銀と赤色に輝く巨人が戦いを繰り広げるというもの。

ウルトラマンと怪獣はこれまでのようなスーツではなくフルCGで描かれており、CGと実写の合成によってまるでハリウッド映画のような映像になっている。
台詞やナレーションは一切なく「IN A TIME OF DESTRUCTION(破壊が行われるとき)」「HE RETURNS(彼は帰ってくる)」「THE ULTIMATE BATTLE BEGINS(究極の戦いが始まる)」そして「7.7」といった文章が一瞬だけ表示されるのみ。

(略)

当時の円谷プロは「現時点では情報は非公開となっており、詳しいことはお答えできない」とだけコメントしており、ウルトラシリーズの最新作なのか、それともまさかのハリウッド映画化したのか、現時点では全てが謎に包まれている。

ULTRAMAN_n/a - YouTube

出典:YouTube

「ULTRAMAN n/a」公式動画

関連記事

関連するまとめ

なかやまきんに君演じる仮面ライダーゼロワン「腹筋崩壊太郎」が話題に! 第2話後も腹筋…

『仮面ライダーゼロワン』第1話にて、お笑い芸人のなかやまきんに君演じる「腹筋崩壊太郎」がゲストキャラとして登…

tokuhero / 939 view

仮面ライダー最新作「仮面ライダー聖刃(セイバー)」商標判明!「Fateのパクリ」等の…

2020年6月16日、特許庁のWEBサイトにて東映株式会社の登録商標「仮面ライダー聖刃(セイバー)」が公示さ…

tokuhero / 359 view

中村優一・井上正大らの呼びかけで英雄達がコロナに立ち向かう!「#ヒーローが子供達を元…

2020年4月7日。新型コロナウイルスの流行に伴い緊急事態宣言が発令されたこの日、仮面ライダーゼロノス・桜井…

tokuhero / 33413 view

DA PUMP・ISSAの仮面ライダー愛が熱い! 555主題歌やTHE FIRST出…

8月9日のMステにて、ISSA率いるDA PUMPが、劇場版仮面ライダージオウの主題歌「P.A.R.T.Y.…

tokuhero / 1095 view

新型コロナ感染で入院の「キラメイジャー」レッド熱田充瑠役・小宮璃央に先輩ヒーロー達か…

新型コロナウイルスへの感染を報告して現在入院中の「魔進戦隊キラメイジャー」キラメイレッド・熱田充瑠(あつた・…

tokuhero / 2071 view

関連するキーワード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング