仮面ライダージオウ劇場版に登場! 「仮面ノリダー」とは?

木梨憲武扮する「仮面ノリダー」の秘密

木梨憲武扮する「仮面ノリダー」の秘密

2019年7月26日公開の「仮面ライダージオウ」劇場版「Over Quartzer(オーヴァー・クォーツァー)」に、とんねるずの木梨憲武が演じる仮面ノリダーこと木梨猛(きなし・たけし)が出演したことが話題になっています。
仮面ノリダーとはそもそも何なのか? 仮面ライダーシリーズとはどういう関係なのか? 気になる方のためにサクッと振り返ってみましょう。

常磐ソウゴと木梨猛、夢の共演!

常磐ソウゴと木梨猛、夢の共演!

ジオウ劇場版の公開初日に木梨憲武のInstagramにアップされた、仮面ライダージオウ=常磐ソウゴと木梨猛のツーショット。

映画では、ソウゴがクォーツァーに囚われたシーンで木梨猛がサプライズ登場し、仮面ノリダーに変身こそしないものの、ライダーとしての自信を失ったソウゴに熱いエールを送りました。

(2019年)7月26日、木梨憲武が、仮面ライダージオウに出演している奥野壮との2ショットを公開した。

木梨は、現在自身のInstagramにて様々な職業の人物になりきった写真を随時公開しているが、この日は「映画男優のお仕事やってみます!」とコメント。

そして「仮面ライダージオウ発注来ました!本日から公開。」「木梨猛+仮面ノリダー!!本編デビュー! #木梨猛変身できないの巻」として、過去に放送されていた番組内のコーナー「仮面ノリダー」のキャラクターに扮した姿で、現在テレビ朝日系で放送中の『仮面ライダージオウ』にて、仮面ライダージオウこと常磐ソウゴを演じる奥野壮とのポーズを撮った2ショットを公開した。

平成の初めに活躍した「もう一人の仮面の戦士」仮面ノリダー

全国の子供達を熱狂させた仮面ノリダー

全国の子供達を熱狂させた仮面ノリダー

「仮面ノリダー」は、昭和の終わりから平成の初めにかけて、バラエティ番組「とんねるずのみなさんのおかげでした」の中で放送されていたパロディドラマ。
本郷猛ならぬ「木梨猛」が、仮面ライダーならぬ「仮面ノリダー」に変身し、ショカーならぬ「ジョッカー」と戦うというもので、当時の子供達には大変な人気がありました。

当時、公式の仮面ライダーシリーズとしては「仮面ライダーBLACK RX」が放送されており、その相乗効果も相まって、仮面ノリダーは社会現象的なブームとなっていました。

『仮面ノリダー』(かめんノリダー)は、フジテレビ系列のテレビ番組『とんねるずのみなさんのおかげです』にて放送されたコーナードラマ、およびそれに登場するヒーロー。1988年(昭和63年)春の火曜ワイドスペシャル版を経て、レギュラー化した1988年(昭和63年)秋から1990年(平成2年)春まで放送された。特撮番組『仮面ライダーシリーズ』のパロディドラマである。のちに1992年(平成4年)、1993年(平成5年)、1997年(平成9年)にスペシャル版が放映されている。
本気のパロディで高い評価を受ける

本気のパロディで高い評価を受ける

非公認のパロディとはいえ、「仮面ノリダー」の制作に関わったスタッフ達には本家仮面ライダーへの強いリスペクトが見受けられ、そのクオリティの高さは今も語り草です。

バラエティ番組・とんねるずのみなさんのおかげです内で放送されたコーナードラマ。
その名の通り仮面ライダーのパロディコントである。子供達を中心に人気を博し、当時社会現象にまでなった。
ライダーへのリスペクトや小ネタが随所にあり、その高いクオリティから今なお根強い人気を誇る。

言ってみれば金と手間と人員を惜しみなくかけた大掛かりな大人の仮面ライダーごっこである。
ライダー直撃世代のとんねるず含め、番組スタッフも仮面ライダーを見て育った世代がやはり多かったらしい。

本家仮面ライダーにおいて現在見ればツッコミ所ある部分を誇張してコメディに昇華させた、といった方が近いか。
しかしパロディコントといっても

・おやっさん役の小林昭二、ナレーションの中江真司と納谷悟朗の起用
・倉田プロモーションの協力による戦闘員(通称ジョッカーのみなさん)の存在、
・サイクロン号に似せた50ccのバイク(木梨が普通自動車免許しか持っていなかったため)で悪路を駆け抜けるオープニング映像
・喫茶店「アミーゴ」での日常パート
・改造人間の悲哀をのぞかせる木梨猛のキャラ

など、本家を意識し、雰囲気をぶち壊さないよう徹底された作りで、初代「仮面ライダー」直撃世代の大人たちや、スーパー1からBLACKまでの空白期間に少年時代を過ごした青年たち、また同時期に放送されていたBLACKの怪奇性についていけなくなった子どもたちをも巻き込み、大人気となった。

平成仮面ライダーシリーズの主要キャストにも、「本家を知らなくてもノリダーならよく見ていた」という人が少なくない。
おやっさん=小林昭二も本人出演

おやっさん=小林昭二も本人出演

「仮面ノリダー」には、東映に全く許可を取っていないパロディでありながら、本家仮面ライダーのおやっさんこと立花藤兵衛を演じた小林昭二が、同名の役で本人出演。
作中では、同じ小林昭二が演じた「ウルトラマン」のムラマツキャップに扮することもあるハチャメチャぶりでした。

チビノリダー伊藤淳史も登場

チビノリダー伊藤淳史も登場

仮面ノリダーの戦いでは、伊藤淳史(当時4~6歳)の演じるチビノリダーもたびたび登場。
チビノリダーは、木梨猛の子供とかではなく、「ウルトラセブン」のカプセル怪獣のようにカプセルの中に携行されている助っ人という設定でした。

仮面ノリダー 第01話[非公式] 仮面ノリダー30周年記念 - YouTube

出典:YouTube

「仮面ノリダー」第1話

ソフト化不可能! 東映との軋轢の歴史、そして電撃和解

東映を激怒させソフト化不可能に

東映を激怒させソフト化不可能に

「仮面ノリダー」は東映や石森プロ側の許可を全く取らずに制作されており、当時の東映側、特に仮面ライダーシリーズのプロデューサーだった吉川進氏からは大いに激怒されたという逸話が残っています。

元々、この当時はバラエティ番組をビデオなどでソフト化することが一般的ではない時代でしたが、「仮面ノリダー」は本家側の抗議を受けて尚のこと商品化が不可能になり、今日に至るまで一切ソフト化はされていません。

無断パロディ化による軋轢

本作は本家『仮面ライダーシリーズ』の原作者である石ノ森章太郎(石森プロ)や、制作会社の東映、および製作局である毎日放送に正式な承諾を取らず、無断でパロディ化したため、本家側から抗議を受けた挙句、続編の『仮面ノリダーV2』も含め作品のソフト化を一切禁じられた。

なお、このパロディ化に最も怒りを露わにしていたのが本家・仮面ライダーシリーズ(昭和ライダーシリーズ)の担当プロデューサーであった東映の吉川進で、小学館刊行の『仮面ライダーBLACK・RX超全集』にて「何を作ってもパロディにしてしまう」と、露骨に不快感を示すコメントを出している。
吉川進の見解とその後

一方で本家である仮面ライダーシリーズを「作る側」であった東映プロデューサー陣、特に当時においてライダーシリーズを担当していた吉川進氏(スーパー戦隊、メタルヒーローシリーズの生みの親。ライダーはBLACK~Jまでを担当)は『仮面ノリダー』に対して強い不快感を抱いていたとされ、関連書籍やインタビューで「昨今のスーパーヒーローのギャグ・パロディ化はヒーローの否定につながります。高倉健やクリント・イーストウッドと、とんねるずは同居できないのです」と相容れないものとして名指しで強く批判している(一方で、『仮面ライダーBLACK』で主演を務めた倉田てつを氏は、『ノリダー』側のオファーに「大好きだから出たい」とプロデューサーにまで懇願したものの、OKが出ず断念した、と後年のインタビューで語っている。実際、撮影現場で「ノリダー」の言葉は禁句だったとのこと)。
とんねるずに名指しで激怒する吉川氏

とんねるずに名指しで激怒する吉川氏

小学館のてれびくんデラックス愛蔵版「仮面ライダーBLACK・RX超全集」のインタビューページより。
「昨今のスーパーヒーローのギャグ・パロディー化は、ヒーローの否定につながります。それにより数多くのヒーローが消滅していったことを銘記すべきです。高倉健やクリント・イーストウッドと、 『とんねるず』は同居できないのです。」と、とんねるずの仮面ノリダーを名指しで批判し、安易なパロディ化への怒りをあらわにしている有名な発言です。

原作者・石ノ森章太郎は寛容だった

原作者・石ノ森章太郎は寛容だった

吉川プロデューサーの激怒と対照的に、仮面ライダーの生みの親である石ノ森章太郎氏は、「仮面ノリダー」を容認する立場を取っていたとのこと。

石ノ森章太郎からの容認

原作者・石ノ森としては容認の姿勢を示していた。もともと石ノ森は、自身が関与した特撮作品を漫画化する際(石森プロ系の漫画家による代筆も含む)、原作に則ったハードな作品とは別に、『ひみつ戦隊ゴレンジャーごっこ』『宇宙鉄人ジョーダイン』など、ギャグ漫画としてセルフパロディ化することもしていたため、もともと抵抗がなかったという。

1989年(昭和64年)に雑誌『TVガイド』にて仮面ノリダーの特集が組まれた際にもインタビューに応じ、「横澤(彪)さんに『いつも仮面ノリダーを楽しく見てます。ありがとうございます』と、先日電話をしました」と、容認を示すコメントをしていた。

2013年には東映が「仮面ノリダー」の商標を登録

「仮面ノリダー」を東映が使えるように

「仮面ノリダー」を東映が使えるように

仮面ノリダーの誕生から20年が経ち、2007年には、初めて東映と石森プロの許諾を得て、「とんねるずのみなさんのおかげでした」の枠内で「仮面ノリダー」の特集が放送されました。
また、2013年には東映が「仮面ノリダー」の商標を登録。ノリダーの制作側に勝手に商品化をさせないことに加え、東映が使おうと思えばノリダーの名前を使えるようになったのです。

その後、2007年(平成19年)9月27日放送の『とんねるずのみなさんのおかげでした』特番において放送された「もう一度みたい仮面ノリダーベスト10」において、初めて「協力:石森プロ・東映」のクレジットが表示された。

さらに、2013年には東映が正式に『仮面ノリダー』の商標登録を行った。
そしてジオウ劇場版で電撃和解へ

そしてジオウ劇場版で電撃和解へ

上記のいきさつを経て、平成ライダーの締め括りとなるジオウ劇場版では、遂に仮面ノリダー=木梨猛が本家仮面ライダーシリーズの映画に出演を果たすことになり、ノリダーと東映の電撃和解が相成りました。
ノリダーのソフト化には、とんねるず側の版権の問題もあるのでまだまだ障壁が多いでしょうが、ファンが望み続ければ、いつかは商品化も叶うのかもしれません。
(画像はファンがディケイド当時に作ったコラ画像)

関連記事

関連するまとめ

仮面ライダークウガ/電王/オーズの最強フォームはどれだ? ウィザード特別編やジオウ映…

歴代ライダー達が最強フォームで並び立つ展開は燃えるものですが、作品によっては「どの変身形態を最強・最終フォー…

tokuhero / 2869 view

「シン・ウルトラマン」庵野秀幸らの伝説の自主制作映画、DAICON FILM「帰って…

映画『シン・ウルトラマン』の製作発表で注目を集めている庵野秀幸氏。若かりし頃の自主制作フィルム『帰ってきたウ…

tokuhero / 1717 view

関連するキーワード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング